偏愛マーケット・出店者③「凡人偏愛」

8月24日(土)に、ビーンズ てくて広場で開催される『偏愛マーケット vol.2』(実は2回めの開催なのです)。

今回も、謎のベールに包まれた出店者をご紹介していきますよ!

ぼぼぼぼぼぼぼ凡人……!?!?!?!?

「凡人偏愛」をひっさげて、なんと島根県は西側、吉賀町(よしかちょう)柿木村(かきのきむら)にある本屋『音鳴文庫』さんがはるばる阿佐ヶ谷へ出店!

一体、凡人偏愛って……?

音鳴文庫、八木諒平さんによると

――凡人というのは「玄人でない」という意味です。その人の持っているイメージを言葉や音にするお手伝いをしています。「こんなシチュエーションで聞きたい」とか「こういう気分に合わせて」という抽象的なイメージを伝えてもらって、会話をしながらそのイメージにあった音楽を選びます。凡人が選ぶ凡人のための音選びです。
(出品)CD(2000〜3000円)――

なるほど。特別でないってことなのかな。

音選び、面白そう!
みなさんも、はるばる島根からやってきたこの「凡人偏愛さん」と握手!
(別にしなくていいですw)
音鳴文庫さんによる音選び、ぜひ体験してみてください〜◎

「偏愛マーケット vol.2」
●日時
8月24日(土)16:00〜20:00
●場所
ビーンズ阿佐ヶ谷・てくて広場(スイートカクタス前)